So-net無料ブログ作成
検索選択

いじめ自殺。 いじめられても親に隠す心理。  [食育]

名古屋市西区の中学校1年の男子生徒(12)が「いじめが多かった」と遺書を残して自殺した問題で、生徒約500人を対象にした緊急アンケートの結果、のべ80人が生徒へのいじめを見聞きしたと回答したそうだ。

直接 相談を受けた生徒も3人もいるとのこと。

しかし、親には心配をかけさせたくないからなのか、自殺前に遺書を見つけた家族が携帯電話に連絡し、「いじめ大丈夫か、お前」と尋ねたところ、「大丈夫、大丈夫。冗談だ」と答えたとそうだ。

そして、地下鉄鶴舞線の庄内通駅でホームで自殺。

何故、いじめを親に隠すのだろうか? どんな心理状態なのか?

スポンサードリンク






いじめられている事を認めるというのはげしく自尊心を痛めつけられ、心が傷つく行為である 多少の嫌がらせなら親や友達に強がっている姿をみせてきた人もいるのでないだろうか。


大人でも会社で嫌がらせを受けたり、悪口を言われても、大切な人には知られたくないと思い、内緒にした経験はないだろうか?


大人ですら内緒にするのに、未熟な子供ならなおさらである。  小さい頃は「親に褒められる」為だけに頑張るものだ。  「テストでいい点をとった!」「逆上がりができた」「先生に絵を褒められた」すべてを親に報告をする。


親から「がんばったね。」「えらいね」言われて、また頑張れるものである。


親の前で「優秀な自分」を演じたいのが子供だろう。 かわいいものである。  優秀な部分は親にたくさん報告をして、優秀でない部分は親に隠す子供もたくさんいるではないか。


「弱い自分」「劣っている自分」など見せたくはないものだ。  いじめられても親に隠す心理をまとめてみた。 

・弱い(かっこ悪い)子供と思われたくない。
・自分の中でもかっこ悪い自分を認めたくない
・自分がいじめられる理由を分かっている 
・親に心配かけさせたくない 
・いじめがエスカレートしてしまう事への恐怖
・いっても解決しないというあきらめ。

などだ。

しかし、悪い事にこういった思考状態の人はひたすら我慢をして、時間が解決してくれるのを待ち続ける傾向がある。(いじめっ子とクラスが分かれる、卒業をするなど)


思考は停止状態でひたすら我慢をして閉鎖的になってくる。

こうなってしまうとイジメはエスカレートしていく傾向が非常に強くなるのだ。


スポンサードリンク




<いじめられっ子の心理>

いじめ自殺について心理学者の加藤諦三さんが、いじめられるっ子の攻撃性について分析をしている。 


いじめられっこは、けして心清い優しい子だけではなく、むしろいじめっこに負けない強い攻撃性を胸に秘めている場合が多いそうだ。 


そもそも自らの命を盾にいじめた相手や社会に対して一矢むくいてやろうというのは、かなり積極的かつ強力な攻撃性であるというのだ。


なるほどと思う反面、これは間違った攻撃性だと私は思う。 「命以上に大切なものなど存在しない」あまりにも、不釣り合いな仕返しと反撃である。


個人的な意見だが、「いじめ自殺」をなくす具体的な方法として「家族で夕食(朝食)を共にする」というのを推奨したい。 


絶対とは言えないが、「家族と夕食をともにしていれば人の道を外すことはない。」という考えが私の根底にある。

本来 食事の場というのはコミュニケーションの場であり、礼儀や躾、親から考え方、価値観などを学ぶ場である。 何が正しくて、何が間違いなのか? 


何気ない会話の中で子供は親の価値観や考え方を感じとって学んでいくのであろう。


正しい判断基準をまだもっていない人たちが集まるのが学校である。

いろんな人間に影響されて子供たちは迷いや間違いを犯すだろう。 間違い自体は子供の成長の為にいいだろう。 しかし1番影響力あるのは身近な親との会話だろう。

今は1人の夕食(孤食)をとる子供たちが多いそうだ。  夜勤や残業といった仕方ない理由もあるだろう。

しかし、できるだけ子供との時間は作っていきたいものである。  親からしたら「いじめ自殺」など耐えられない苦しみである。


なくなることを切に願う。

スポンサードリンク




 


 











さらに、学校は2カ月に1回、いじめの有無を生徒にアンケートしていたが、この生徒がいじめられているという事実は確認していなかったとのこと。

延べ80人がいじめを見聞きしているのに。  学校内の表面的なアンケートでは限界がるようだ。


乳幼児にサプリメントは必要か!? [食育]

乳幼児にサプリメントを食べさせている母親の3割は成分や製品名をよくわかっていないという衝撃的なニュースが発表されました。 サプリメントは食品だから安心というのは間違いで、合わない人はいます。   乳幼児にサプリメントは必要なのでしょうか?

スポンサードリンク





厚生労働省研究班の調査にて、「乳幼児を抱える母親の8%が、子どもにサプリメントを与えていること分かった」しかも怖いことに「製品名や成分を答えられない母親が3割に上るなど、適切に利用されていない実態が明らかになった。」と報じられた。


結論から言うと、サプリメントにも合う、合わないはあります。

薬ではなく、食品だからいって油断していると痛い目をみます。 今は蕎麦や小麦粉食べて亡くなる人がいる位ですから。



<過剰摂取による副作用>

カルシウム・・・乳幼児、子供に必要な栄養です。 通常の食事にカルシウムを摂取している分には過剰摂取の心配はほとんどありません。 しかしサプリメントにより通常よりも過剰摂取してしまうと危険です。2013年 2月にスウェーデンにあるウプサラ大学で「カルシウム摂り過ぎると死亡率2.6倍」と発表。

50才以上のスウェーデン人女性6万1443人の食事を平均19年間にわたって追跡調査しました。その結果、通常の食事で1日1400mg以上のカルシウムを摂取していた女性は、摂取量が欧米の標準値である600~1000mgの女性に比べ、死亡率が1.4倍も高かったそうです

 さらに、通常の食事にサプリメントを加えて1日1400mg以上のカルシウムを摂っていた女性は、なんと死亡率が2.57倍に跳ね上がったそうです

死亡リスクを上昇させたのは、心筋梗塞、狭心症などの「心血管疾患」だそうです。


東邦大学医療センター佐倉病院教授の東丸貴信さんの解説では、
「体内のカルシウムの99%は骨や歯に存在し、残り1%は血液や筋肉など体内のさまざまな器官にあるのですが、カルシウムを過剰に摂取すると、血中のカルシウム濃度が上がり、血液がドロドロになってしまいます。

 同時に、カルシウムが血管の細胞や組織に付着して固まったり(=石灰化)、プラーク(脂肪などの塊)という堆積物をつくりだすことで動脈硬化を引き起こし、心筋梗塞などを発症すると考えられます。サプリは一般の食事より吸収率が高く、服用すると血中のカルシウム濃度を急激に高めるため、体に影響が出やすいと考えられます」

今回のスウェーデンの研究では、50才以上の女性が対象だでしたが、同様のリスクは、老若男女関係なく存在すると、東丸さんは言います。


ただし、誤解のないように書いておきますが、通常の食事でたくさん摂る分には、サプリほど急激に血液中のカルシウム濃度が上昇するわけではないので、あまり気にする必要はありません。

他にも一般的にカルシウムの過剰摂取の副作用としてあげられているものは、

 ・腎結石
 ・泌尿器系結石
 ・腎不全
 などがあります。  腎臓に負担がかかるそうですね。

安易にサプリメントに頼るのも良くないと思います。 子供は親から言われた量をとると思います。 親が子供の健康を管理しないといけないですね。

スポンサードリンク






<必要量>
成人 600mg
乳幼児  400mg
子供  500~900mg
妊娠中の母親 1000mg
授乳時では1100mg


もともと、今回の発表を読み解くと、母親が子供にサプリメントを与える理由として、「食事だけでは栄養不足な気がした」がトップで、「なんとなく健康に良さそう」「好き嫌いが目立ち始めた」などがあげられます。


乳幼児から小学生まで身体をつくる大切な時期。 この時にどんな食べ物を食べたか?によって子供の一生の健康状態というのは変わってきます。


本来は通常の食事で栄養を摂取するのがベスですが、お仕事されている方、理解しているが子供が野菜を食べてくれないなど お困りの方はそれぞれの栄養の必要量を調べてみることをおすすめします。 他人まかせにしないことが大切ではないでしょうか?







この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。